ビースターズ 124話「絵の具 混色するほど黒ずむ」は、2019年4月11日発売のチャンピオン2019年19号に掲載されています。

前回の123話はレゴシがジャックを始めとする寮で同室だったルームメイト達との話でした。ほのぼのとした話だったのですが、今回の124話は一転してシリアスな話。新しい脅威メロンが登場しました。

この話はビースターズ15巻に収録予定です。

124話のネタバレありの感想

ゾウがカウンセラーに話を聞いてもらっている所から124話は始まります。そのゾウは巨体のために、いろいろと普段の生活でストレスが溜まっているようです。その話を親身になって聞いてあげるカウンセラー。患者であるゾウへの理解があり、ゾウはカウンセラーに対して話を聞いてもらうにつれて信頼感を増しているようです。ただこのカウンセラーになにか違和感を感じます。カウンセリングをしている部屋の下に視点が移動すると、ショッキングな映像が。ヤフヤの部下であるネズミがヤフヤに報告します。「象牙が切り取られたゾウの頭骨を発見したました」と。

窓の外でカウンセラーとゾウのやり取りを観察していたヤフヤは、その報告を受けてこのカウンセラーを捕まえることを決めます。象牙はこのビースターズの世界でも貴重品で、それを狙う犯罪者も多いようです。ただゾウという巨大な獣を相手にするので、かなり危険な仕事。それをなぜ草食獣のガゼルであるカウンセラーが行っているのか?そこに疑問を抱くヤフヤ。

カウンセラーがゾウと話をしている。そしてその後ろに突然あらわれるヤフヤ。患者であるゾウは驚いているが、カウンセラーは平静さを保ったままでヤフヤを錯乱した患者のように扱う。ゾウはカウンセラーのことを信じ切っていて、ヤフヤからカウンセラーを守ろうとします。マインドコントロールという言葉を思い出しました。あの短いやり取りで、ゾウはカウンセラーを完全に信じ切っているのが怖かったですね。

そしてヤフヤの前から逃げる時にカウンセラーは、自分がヒョウとガゼルのハーフであること、自分の名前がメロンであることを話します。そしてヤフヤの前から逃げ出すのです。メロンがハーフであることを名乗るシーンはかなりびっくりしましたね。ヤフヤも草食獣だと思っていたようですが、確かにそう思うよなあと。あのメロンがハーフであることを明かすページはびっくりしました。ビースターズの大ゴマは、本当にインパクトのあると今回の124話でも改めて感じました。

125話以降の展開予想

125話を読んだので記事にしました。

>>125話のネタバレありのあらすじ

125話では登場しなかったですねメロン。

今回初登場したメロン。かなり手強い相手という印象を受けました。突然背後にヤフヤが現れても、全く動揺を見せない。そしてヤフヤから逃げ切ってみせる。今までヤフヤは壮獣ビースターとして圧倒的な実力を見せてきました。1対多数の戦いでも圧倒してみせたこともありました。そんなヤフヤ相手から逃げるというのは、今まで登場してきた獣の中でも相当な実力者だということが感じられました。

ヤフヤがハルのことを使って、レゴシにこのメロンをどうにかさせようとする。そんな展開になるのではないかなと思います。そしてレゴシは自分と同じような立場であるメロンに悪い影響を受けそうですね。ゾウとのやり取りを見ていて、相手の心のすき間につけ込むのが上手でそうでしたメロンは。こういうメンタル面での攻めが強そうな相手に今までレゴシは相対してませんから、相当苦戦しそうです。

メロンというのはヒョウとガゼルのハーフ。初めて登場した草食獣と肉食獣のハーフではないでしょうか?レゴシの母親もハーフですが、まだほとんど描かれていません。レゴシはクォーターであることが、レゴシの性格にかなり影響を与えています。レゴシ自身は見た目はオオカミで、全く祖父のゴーシャのトカゲの要素はない。それでもレゴシは気にしている様子がありました。ハーフである母親が自殺した影響もあるのでしょうが…。

メロンは外見からして、ハーフだというのがわかります。これはメロンの性格に暗い影響を与えていそうです。ヤフヤに残した捨て台詞からもそんなことを感じられます。どうなるんでしょうかね?今まで登場した敵対するキャラクターの中で一番危険な匂いがしましたねメロンは。リズも確かに危険でしたが、それは物理的な危険さでした。(メンタルがかなり壊れていましたがリズは)それに対してメロンは今回のゾウのカウンセリングでの短いやり取りを見るだけで、こう相手の心の弱い部分につけ込んでくるような印象を受けました。ゾウが完全に信頼してたのが怖かった。レゴシはこういう相手にどう対応するのか?苦戦しそうですね。しかもフィジカルもヤフヤから逃げ切る能力がありましたからねメロンは。相当手強い相手になりそうです。

ビースターズ125話は4月18日発売のチャンピオン2019年20号に掲載されます。すぐにメロンとどうこうという話にはならないんだろうな。今回シリアスな話だったから、なにかほのぼのとした話になる気がします。分かりませんが。

 

関連コンテンツ