東京卍リベンジャーズ105話「No one can match」は、2019年4月10日発売のマガジン2019年19号に掲載されています。今回の105話のサブタイトルの意味は「誰も敵わない」。そんなところでしょうか?最初は大寿を指す言葉だと思ったのですが、105話を読み終わった時に、マイキーを指す言葉だったのかと感じました。マイキーはちょっと異次元すぎる強さですね。東京卍リベンジャーズのキャラクターの強さランキングがあったとしたら、ぶっちぎりの1位でしょうねマイキーは。そのくらい今回はインパクトがありました。

ちなみに今回の105話は、単行本だと東京卍リベンジャーズ12巻に収録予定です。発売日は5月くらいなのかな?違うかも知れませんが。おそらくこの調子で休載とかなかれば5月になりそう。遅くても6月には発売かな?

>>東京卍リベンジャーズ12巻 ネタバレ情報

105話のネタバレ 乾青宗と九井一の過去

乾青宗(イヌピー)と九井一(ココ)がブラックドラゴンに、大寿を加入させた時のことが語られます。乾青宗が少年院に入っている間にブラックドラゴンは壊滅。先輩達は六本木の灰谷兄弟の新興勢力に詰められて行方不明。そんな状態でブラックドラゴンを復活させるために、九井一は大寿を乾青宗に紹介します。そしてタイマンで大樹に負け、大樹の異次元の力を感じた乾青宗。

マイキーの圧倒的な力

殴られたマイキーが立ち上がる。大寿には勝てないからと、マイキーを止める乾青宗。マイキーと大寿ではレベルが違うと言う。タケミチはマイキーが不調であること、そして大寿の別格な強さに不安を感じていた。この状態に表情が固まる三ツ谷、八戒、タケミチ。マイキーは面倒臭そうに一発もらったのは自分への戒めだと話す。次の瞬間地面に突っ伏す大寿。何が起こったか理解できないタケミチ、乾青宗、九井一。

>>106話のネタバレ

105話の感想

マイキーが強すぎましたね。今回の前半で大寿が怪物だことが語られていたのに。マイキーにかかったら一瞬で大寿も倒されてしまう。いやさすがにこれで決着はあまりにあっけなさすぎるから、次回の106話で大寿は立ち上がってきそうですが、マイキーの敵ではないでしょうね。とは言え大寿は白目向いてましたから、完全にあれは失神してますね。

無敵のマイキーと言われるから強いとは思っていましたが、今まで苦戦したことないですねマイキー。番外編で小学生くらいの時のマイキーとドラケンの話がありましたが、その当時でもマイキーは年上を一瞬で倒していましたよね。小学生とは言えドラケンが、敵わないと思ったような相手を。

マイキーが味方な時は安心ですが、的に回ったとしたら恐ろしいですねこの強さは。そして全開の104話を見るに、マイキーの精神状態はかなり悪いように見えました。このまま精神状態が良化しなければ、極悪非道な巨悪としか言えないマイキーになってしまうのかな?タケミチはマイキーを救うことができるのかというのも、これからの展開の鍵なんでしょうね。

106話はどうなる?

 

次回の106話で大寿が立ち上がってこなければ、ブラックドラゴン編は決着になるでしょうね。大寿は立ち上がってきそうですけど、白目向いてましたからね。さすがに大寿はもう無理かな?

そうすると教会の外を取り囲んでいたブラックドラゴンの人間はどうなるのかな?そもそもマイキーが普通に教会に入ってこれたということは、ドラケンあたりが抑えてるのかな?マイキーとドラケンは一緒にいたはずですから。

ブラックドラゴンはトーマンの傘下に入るのかな?もしそうだとすると、乾とか九井とかが稀咲鉄太と結びつきそうで怖いですね。もしトーマンの傘下にブラックドラゴンが入ったとしても、大寿は抜けそうな気がしますね。なんとなくですけどブラックドラゴンを傘下におさめてトーマンは拡大していくけど、稀咲鉄太の勢力が拡大していく。そしてトーマンを極悪集団に変えていく要素が増えていくんだろうな。

次に登場するのは、ブラックドラゴンの先輩たちがもめたという六本木の灰谷兄弟の新興勢力なのかな?トーマンが東京統一とかしそうです。その前に一度タケミチは未来に戻ることになると予想します。全開は拘置所に入れられてしまったタケミチでしたが、今回の過去でのタケミチの活躍で、未来はまた変わってるでしょうから。でもちょっと怖いですよね。タケミチが拘置所に入れられたままだと、直人と接触できない状態だと過去に戻れないとかになったりして。そうなるとタケミチはピンチですよね。また一虎が助けに入るのかな?

あとタケミチとヒナの関係も気になるところです。ヒナの父親に言われて、ヒナの身の安全のために分かれることにしたタケミチ。このまま放置してしまうのかなヒナとの関係は。ヒナと復縁して欲しいとは思うけど、タケミチはヒナの父親の言葉がかなり効いていたみたいだし、どうなるのかなとかなり気になるところですね。

とは言えどの当たりの事が描かれるのは、当分先のことになりそうです。106話はブラックドラゴン編の解決ぐらいで終わりでしょうね。次回の106話は4月17日発売のマガジン2019年20号に掲載予定です。東京卍リベンジャーズは休載が本当に少ない。作者の和久井健先生は、体調に気をつけてほしいものです。休載が少ないのは嬉しいですが、体調を崩して長期休載となると悲しいので。体調を崩す漫画家が多い気がするので。

ということで東京卍リベンジャーズ105話のネタバレを含めて感想を書いてみました。あと106話とそれ以降の展開を個人的に予想してみました。しかし今回の105話のマイキーは本当に別格でしたね。サブタイトルも納得の強さでした。