2019年3月29日にマツダスタジアムで開催されたカープと巨人の開幕戦。

選手の球場入りでニュースになったのは長野久義。

その試合の球場入りに長野選手が利用したのがロールスロイス・ファントム。

新車価格が8000万円近くすると言う超高級車。

ビートたけしが使っているという話を聞いたことあります。

長野久義はこのロールスロイス・ファントムを広島のタクシー会社つばめ交通からレンタルしたそうです。

そのレンタル価格がどのくらいか気になったので、検索してみました。

すると新車価格から考えると、割とリーズナブルな価格でびっくりしました。

2時間以内、30km以内の利用なら6万円という価格。

時間や距離が伸びれば価格は上がりますが、一番短い時間距離なら6万円で利用できます。

12時間以内180km以内なら20万円というプランも。

走行距離が1キロ超えるごとに1000円加算されるという制限がありますが、あまり走行距離は考えなくても良さそうですね。

新車価格を見てしまったあとで、このレンタル価格を見ると安く見えます。

実際はそんなことはないのですが。

長野久義選手は、つばめ交通のタクシーを利用した時に運転手産からロールスロイスのレンタルが始まったことを教えてもらったそうです。

それで今回の開幕戦という節目に利用することにしたとか。

長野選手は広島経済に貢献してくれてますね。

歓楽街が長野選手の移籍を喜んだというのも、納得できる話です。

関連コンテンツ