六道の悪女たち 132話「自分の居場所」は、2019年3月14日発売のチャンピオン2019年15号に掲載されています。

ミナミに絡んできた不良女子二人をあっさり倒してしまう鈴蘭(リンラン)。リンランにスーパーヒーローやと憧れの感情を持つミナミ。しかし鈴蘭と話をして、すぐにこいつも不良だとツッコミを入れてしまう。鈴蘭とミナミは1年3組でクラスメイトということがわかる。

そこに亞森の2年で高城という男がやってくる。さっき鈴蘭が倒した不良女子の兄貴だという。再び喧嘩が始まろうとするのを見て、ミナミはこんな所でやっていけるのかと不安になる。そこへ幼田たちがやってきたことで、喧嘩は中断。

幼田に挨拶をする不良。大佐や課長にも頭を下げる不良たち。飯沼やつばきへは尊敬の念を抱く不良も。それを見てミナミはみんな慕われていることに驚く。幼田たちがミナミを見つけて近づいてくる。どうやら幼田たちはミナミの入学を祝うためにやってきたようだ。幼田から仲良くするように言われて、渋々承諾するミナミと鈴蘭。

そして六道がやってくる。裏番長の登場だと、不良たちが頭を下げる。亞森でも六道は居場所を作っていることを見て、ミナミは自分も頑張ろうと決める。鈴蘭に仲良くしようとミナミは伝える。鈴蘭はそれを受け入れる。仲良くなれそうだなと思った所に六道がやってくる。六道のことでもめだすミナミと鈴蘭。

ミナミと鈴蘭は良いコンビになれそうですね。

六道の悪女たち 133話「ハートの贈り物」

明日がホワイトデーということで、ホワイデーのお返しを買った六道。しかしバレンタインデーにもらったチョコの量が多いので、ホワイトデーのお返しもすごい量に。ただ送り主の名前がわからないチョコが一つあることが気になっていた。術で自分のためにチョコを買わせてしまったことに負い目のある六道は、その送り主のわからないチョコへもお返しを用意していた。

そして椰子谷唯が再登場。入院している格闘家の前に現れる椰子谷。相変わらず強い男をいじめるというのが大好きなようだ。格闘家をあっさり調理する椰子谷。そしてそろそろ六道の前に現れることを示唆する。

登校中の六道。誰かにつけられていることが気になっていた。すると「チョコ…受け取ってくれた…?」と質問する声がする。その声に聞き覚えのあった六道が振り返ると、そこには女性の格好をした雷乃の姿が。

134話「亜森と針蔵」

六道の悪女たち134話「亜森と針蔵」は、2019年3月28日発売のチャンピオン2019年17号に掲載されています。

椰子谷にボロボロにされる針蔵高校の生徒。その針蔵高校の生徒に向かって、椰子谷の連れの男が「俺たちのチーム名はクロムサム。この街は俺たちが仕切る」と話す。

次の日その針蔵高校の生徒が、針蔵高校で昨日の出来事を報告している。そこには菫風乃の姿が。姉の雷乃と共に針蔵高校に転校していたのだった。風乃は、クロムサムに被害を受けた生徒の傷を見て何かを気づく。そして風乃は亜森との同盟を提案する。しかし針蔵の生徒達は亜森との因縁があって、それを受け入れることができない。

その頃の雷乃は六道と二人で歩いていた。針蔵高校に転校したことを六道に伝える雷乃。六道がそのことを知らないことを汲み取ってほしい雷乃は言う。バレンタインが雷乃が送ったことも汲み取ってほしいと言う。そして居住まいを正し六道に何かを告白しようとする雷乃。好きだと告白するのかと思ったら、六道に亜森と針蔵の両方を仕切る番長になってほしいということだった。

 

関連コンテンツ