ビースターズ113話「純度を知るわがままボディ」は、2019年1月17日発売のチャンピオン2019年7号に掲載されています。

コミックスだと13巻くらいに収録になるのかな?

今回の話ではレゴシの成長というか、普通の肉食獣とは違う部分がわかりましたね。

以前ビルが草食獣の血を飲んだことがありましたが、その時の反応で肉食獣にとって草食獣の血肉をもたらす効果がすごかったですよね。

だから草食獣を使って、こういう形で商売をする悪人が出てくるわけです。

あとレゴシの想像の中のルイ先輩がかっこよかった。

ルイ先輩はレゴシにとって、本当に大切なんだなあというのがわかる場面でしたね。

見開きで描かれたレゴシとルイ先輩が並び立つ姿はかっこよすぎでした。

そしてゆとり世代の間抜けな肉食獣とレゴシをあなどった悪人達は、ご愁傷さまですね。

今回の113話はレゴシが悪人相手のバトルが始まる直前で終わりました。

次回の114話で悪人達をレゴシがボコボコにするんだろうな。

1対多数だけどレゴシなら、全然平気だろうなという安心感があります。

コーポ伏獣に聞き込み調査に来ていたマウンテンゴリラのコナ。

このコナと比べるとセブンの小ささが際立ちます。

コナがしゃがんで目線をあわせるところとか、警察官としてしっかりしてそうですコナは。

そしてセブンは、レゴシのことをまだまだ知らないようですね。

警察官から聞いた話でレゴシが簡単に騙されそうだとセブンは思っていましたが、実際は全然そんな事ありませんでした。

匂いをかいただけで混ぜものに気づいてしまう。

レゴシはルイ先輩の足を食べたことで、色々と能力が開花しているようですね。

悪人はまずい相手を選んでしまいました。

ただコーポ伏獣の方では、帰宅が遅いのでレゴシの捜索を警察が考えているようです。

おそらくレゴシが悪人をのしたぐらいで警察が到着。

そのまま悪人を警察に引き渡すんでしょうね。

このことがヤフヤの耳に入って、レゴシへの興味がさらに湧くみたいなことになるのかな?

レゴシの想像の中とは言え、久しぶりにルイ先輩が登場しましたね。

大学への進学をするようなことを言っていたけど、今ルイ先輩はどうしてるんでしょうか?

ハルと同じ大学に通っていたりするのかな?

それとも別の大学なのか?

色々と描いてほしいことが次から次へと出てきます。

しかし残念なことに来週はビースターズは休載。

ビースターズ114話が掲載されるのは、1月31日発売のチャンピオン2019年9号になるそうです。

作者取材のために休載だそうです。

単行本の発売も近いですからね。

そういう作業で休載なのかもしれません。

悪人をとっちめるレゴシの姿は、再来週までお預けですね。

 

 

関連コンテンツ