アオアシ161話は、12月22日発売のスピリッツ2019年4+5合併号に掲載されています。

前回の160話でアシト達1年生のDFラインは、秋山や小早川のおかげで後半はなんとかなりそう。

福田監督にもなにか策がありそうだし、後半のエスペリオンは期待できそうだし。

うまく行けば1年生のサッカー観がひっくり返る戦術ってどんなだろうなと楽しみになる。

ただ心配なのは桐木。

栗林が声をかけに行ったことで、なんとか立ち直って欲しいけど。

どうも気負いすぎててて、周りとうまく連携できてない。

どうするんだろうな桐木。

スピリッツ2019年4・5合併号にアオアシ161話「ボール保持率0%」。

福田監督から後半に向けての作戦を指示されたアシト達。

1年生のDFラインは、全員が困った顔をしている。

特にアシトがこの作戦に戸惑っている。

福田監督への作戦に不安を覚えていたが、その不安を感じ取った小早川が声をかける。

小早川は良い先輩だ。

富樫たちが腹をくくってこの作戦を遂行する姿を見て、アシトも作戦をやり遂げることを決心する。

アシトが小早川に指示を出して、辰巳からボールを奪うことに成功する。

福田監督がアシト達に支持した作戦は「ボールを持たせろ」。

ここで161話は終わりです。

今回の話を見る限りだと後半は1年生のDFラインは、福田監督の作戦がはまりそう。

失点は心配しなくて良さそうだ。

攻撃面は桐木だなあ。

ハーフタイムに栗林は桐木に何を伝えたんだろうか?

まさかこのままだと戦犯になるぞだけしか伝えてなかったりして。

あと今回の話でわかったのはVANSには羽田という選手が居たけど、今は青森星蘭にいるらしい。

そこでキャプテンをしてるとか。

VANSの選手によれば羽田が居たらプレミア優勝を狙えたのにというレベルの選手だとか。

星蘭は10番の選手もすごいらしいし、相当強いチームみたいだ。

あとVANSが下位に沈んでる理由が、羽田が抜けた影響だったということが今回わかった。

なんとか宝生監督が立て直したそうだ。

順位の割にVANS強く感じられた理由が判明したな。

次回の162話では今度は攻撃面。

特に桐木についての話になるのかな?

前半は独りよがりのプレイばかり。

周りとうまく連携できてなかった。

さすがに後半は反省してると思うけど。

桐木はテクニックはすごいというのはわかったけど、あんまり怖い選手ではないのかな?

と思った前半のプレイぶり。

桐木すごいという所がみたいね。

今の所桐木のイメージは良くないしね。

性格とか。

黒田とかは桐木苦手だろうな。

あと後半は大友の出番も期待したい。

試合前に自分の出番なんかないとリラックスしてたけど、あれは絶対にフラグだと受け取った。

ということで大友の出番が楽しみ。

1月7日発売のスピリッツ2019年6号にアオアシ162話は掲載される。

結構間があくなあ。