東京卍リベンジャーズ69話「Sunny best」 は2018年7月4日発売のマガジン2018年31号に掲載されています。

前回の話では番外編として、場地と千冬の出会いが描かれました。

場地が常識的な人物でビックリ。

最初の狂犬キャラは何だったのかというくらい、場地はトーマンの中ではまともな人間でしたね。

これ以上留年できないとメガネをかけた七三分けの姿は、ちょっと笑っちゃいました。

そして千冬を助けるためにメガネをとって、髪をほどく姿がはかっこよかった。

本当に退場したことが悔やまれるキャラクターです。

テキスト 東京卍リベンジャーズが無料で読める方法を発見。東京卍リベンジャーズのコミックスなら3冊、連載しているマガジンなら5冊は無料で読めちゃいました。

東京卍リベンジャーズの

三ツ谷に呼び出されたタケミチは、三ツ谷が通う学校の校門の前で待っている。

なかなか来ない三ツ谷に遅いなあと思っていると、そこへぺーやんがやってくる。

ぺーやんの案内で連れてこられたのは、手芸部の部室。

そこでぺーやんは手芸部の安田という女の子に、いろいろと注意される。

その注意にタジタジのぺーやん。

そこへ三ツ谷がやって来て自分がぺーやんにお使いを頼んだからと、その場をとりなす。

タケミチは学校生活とトーマンを両立している三ツ谷に関心する。

三ツ谷は手芸部の部長。

今日タケミチを呼び出したのは、タケミチのトップクを作るためだった。

三ツ谷が直々にトップクを作るのは、初期メンバー以来のこと。

タケミチがドラケンを助けたこと、血のハロウインでみんなの目を覚ませてくれたこと。

それを感謝して三ツ谷はタケミチのトップクを作ることにしたのだ。

三ツ谷は「オレが仕立てたかったんだ」

完成したトップクを着てみろととタケミチに言う三ツ谷。

集会の当日。

三ツ谷とぺーやんについてタケミチが集会の会場にやってくる。

メンバーから「花垣タケミチだ」と話題になるタケミチ。

ドラケンがタケミチのトップク姿に「似合わねーな」とコメント。

そこへマイキーがバルハラの半間と千冬とやってくる。

ドラケン「今日はあれそうだ」とつぶやく。

ここで終わりです。