BEASTARS(ビースターズ)67話「電流通う牙の列」は2018年1月25日発売の週刊少年チャンピオン2018年9号に掲載されています。

毎回思うのですがビースターズのサブタイトルは詩的ですね。

作者の板垣巴留先生のセンスが爆発してます。

ビースターズ 67話のあらすじ(ネタバレあり)

前回の66話でレゴシはゴウヒンの修行で一つの成果を見せました。

これでレゴシはパワーアップしたと思ったのですが…。

>>ビースターズ 最新話までの記事一覧

レゴシに呼び出されたレゴシ。

ドキドキしていると…。

レゴシは口の中を見せてくれと言う。

最初は拒否していたジュノでしたが、結局はレゴシの頼みを聞いてしまう。

ジュノはいろいろと想像してしまうのですが、レゴシはただ男女の牙の違いを感じたかっただけ。

用事がすむとさっさとジュノの前から立ち去るレゴシ。

部活で肉食獣の遊び「アゴくらべ」を行うことに。

アゴくらべというのは、口でロープを噛んで行う綱引きのような遊び。

肉食獣の間ではよくやっているらしい。

最初は気の進まなかったレゴシだったが、これは犯人の情報を知るチャンスだと思い勝ちにいくことに。

初戦はビル。

娯楽性ゼロで勝ちにいったレゴシだったが、あっさりビルに敗北。

力が以前より弱くなっているレゴシ。

レゴシの修行の成果

前回レゴシの修行はある程度の成果が出たと思ったのですが、アゴ比べを見る限りだと弱くなっていますね。

ここからさらに修行がすすめば強くなるのでしょうか?

やはり肉食獣が肉を食わずに強くなるというのは難しい。

肉食が禁止されているこの世界でも、力が求められる職業、例えば軍事や格闘家は裏でこっそり肉を食べているとゴウヒンが言ってましたね。

そして肉食をしないで強くなるのは大変だぞとも言っていました。

肉食への欲求から開放されるだけでは、まだまだ強くなるためには足りないのですね。

ゴウヒンさんが肉を食べないで強くなるのは、大変だぞと言っていましたがこういう事だったとは…。

レゴシの修行はまだまだ大変そうです。

ジュノちゃんかわいそう…

笑っちゃいますけど。

やっぱりジュノちゃんはかわいそうです。

レゴシに弄ばれて。

以前レゴシはゴウヒンさんに自分はモテないと言っていましたが、鈍感なだけだと思います。

ジュノちゃんはレゴシの事大好きですから。

本当にジュノちゃんがかわいそうでした。

レゴシとジュノの温度差には笑ってしまいましたが…。

68話以降はどうなる?

アゴくらべでは、あっさり負けてしまったレゴシ。

他の肉食獣がアゴくらべをするのを見るしかないわけで。

外から見て犯人らしき肉食獣の目星をつけれるのか?

そこが気になりますね。

そして、ゴウヒンさんの修行。

前回の66話で肉食への欲求をコントロールできるようになったレゴシ。

ただ現状では以前より弱くなっています。

新たなゴウヒンさんの修行で今度は肉体を鍛えることになるのでしょう。

どんな修行が待っているか興味深いですね。