金田一の新シリーズ金田一37歳の事件簿が、2018年1月23日発売のイブニング2018年4号に掲載されるというネットニュースを見たので電子書籍で購入。

こういう時、電子書籍はすぐに購入できて便利ですね。

近くのコンビニとかイブニングの取り扱いはないですから。

金田一 37歳の事件簿のあらすじ

37歳になった金田一は音羽ブラックPR社というPR会社で働いている。

そして今回金田一が任された仕事はいわく付きの島でのイベント。

金田一は資料を読んで、この島がかつて訪れた歌島であること気づく。

そう歌島はオペラ座館があった島だったのだ。

金田一と後輩の葉山まりんは船でイベントの参加者と歌島へと向かう。

歌島を見ると金田一は何か起こるのではないかと心配になるが、もうあの館はないのだから大丈夫だと自分に言い聞かせる。

ここで1話は終わりです。

金田一が全然変わってない

もう笑ってしまうほど金田一の外見の変化がないです。

スーツを着ているくらいの違いしか。

朝起きた直後は無精髭がはえていて、おっさんになったのと感じましたが。

髭をそってしまえば20年前の17歳の時の金田一そのまま。

この分だと剣持警部もあまり外見の変化無く登場しそう。

1話で登場した佐木や村上草太も外見の変化ないですし。

もうそういう世界なんでしょう。

美雪との関係も変化なし?

金田一と美雪はまだ結婚してないけど付き合いは続いているようです。

ただ美雪は大手航空会社でチーフパーサーについて世界中を飛び回る忙しい生活。

なので金田一と会う時間もそんなに取れないようです。

ただ金田一の世話を焼くのは20年前から変わっておらず、パリからちゃんとご飯食べてるか確認するメッセージが届きます。

こういうのを見ると高校の時から変わってないなあと思いますね。

今回の1話では美雪の20年後の姿は見られませんでしたが、金田一たちの外見を見るに変化は無さそうです。

2話目以降はどうなる?

歌島を仕事で訪れることになった金田一は、もう謎は解きたくないと言います。

また17歳の時の推理を披露する夢を見て、悪い夢だと言っていました。

37歳の金田一は謎を解くことに抵抗があるようです。

何が原因かわかりませんが。

この20年間の間に何かあったのでしょうか?

2話以降で語られるのでしょう。

そして事件が起こるんでしょうね。