MAJOR2nd(メジャーセカンド)124話「かすかな望み」は2018年1月17日発売の週刊少年サンデー2018年8号に掲載されています。

前回の123話では投げ続けていた睦子がついに体力の限界に。

急遽仁科が登板することになりました。

肩を作る時間は余りありませんでしたが、最初の1球ではよいボールを投げ込む仁科。

しかし続く2球目ではデッドボール。

ノーアウト満塁というピンチを作ってしまいます。

ここまでが123話でした。

>>メジャーセカンド最新話までの記事一覧

124話のあらすじ(ネタバレあり)

デッドボールでノーアウト満塁の大ピンチを作ってしまいさすがの仁科も動揺します。

続く打者に対してもストライクが入りません。

そこで大吾がタイムを取り、仁科にセットアップではなくワインドアップで投げてみてはどうかとアドバイスをします。

このアドバイスが効果抜群でコントロールに苦しんでいた仁科はストライクが入るように。

その結果2番センター宮田、3番ピッチャー卜部、4番キャッチャーアンディを3者連続に取ります。

これで風中は2点差で最終回の攻撃に入ることに。

大吾のアドバイス

大吾がよい働きをしましたね。

ストライクが入らない仁科に的確なアドバイスでストライクを入るようにしました。

あと大吾は仁科の成長をよく見ているなと。

今の仁科のストレートなら真ん中に来ても簡単には打たれない。

そんな事言われたら仁科も気分良く投げられます。

仁科は調子に乗らせた方がよいタイプだと思うので。

大吾はプレイヤーとして大成できるかどうかわかりませんが、指導者としては大成できそうです。

心配しているアニータ

アニータがストライクが入らない仁科を見て、自分のせいでメチャメチャだと白目になっていました。

その時の表情がちょっと笑えます。

ただアニータもこの試合で変化している。

そう感じましたね。

アニータは強がって自分の弱い部分を見せていませんでした。

それが今や白目を向いて「アカン」ですからね。

今回の清和中との試合で代わりました。

やはり謎な沢さん

今回の124話を読んで思ったのは、やはり沢さんは謎だということ。

立ち直った仁科の投球を見て

「いいじゃない若いの。」

笑ってしまいました。

とても中学2年生の女の子の発言とは思えない。

思い返せばアニータが卜部からホームランを打った時も

「キタコレ」と言ってました。

発言がちょっと昔のネットの書き込みみたいなんですよね沢さん。

もう少し沢さんがどういう人なのか知りたいです。

125話の予想

次回の125話は表紙で巻頭カラーだそうです。

清和中戦が決着するんでしょうか?

2点差とは言え仁科の好投で風中の士気も上がっています。

そう簡単には試合を終わらせないはず。

ということで卜部を攻めるのですが、結局1点差で負けてしまうという結果になると予想します。

今回の試合はもし勝利しても、次の試合では睦子は投げられないしアニータはケガ。

試合にならないと思うんですよね。

なので善戦するも一歩及ばず敗退というのがよいかなと。

さてどうなるでしょうか125話は。

楽しみです。