アオアシ 121話「洗礼」は、2017年12月11日発売の習慣ビッグコミックスピリッツ2・3合併号に掲載されています。

前回の120話でAの高いレベルの練習に適応しているアシト。

それを見た福田監督は、アシトと黒田に主力組の練習に参加するように指示する。

>>アオアシ 最新話までの記事一覧

アオアシ 121話のあらすじ(ネタバレあり)

練習場の外で見ている栗林。

栗林「青井って奴レギュラー組に入りそうだぞ。見ものだな。」

栗林の突然の登場に驚く橘都。

杏里は「どうしてここにいるんですか?今日あそこに来てる皆さんは、ほとんどあなた目当てなんですよ。」

その言葉に栗林は説教好きだなと答える。

杏里がベトナム帰りで寝られたのか尋ねると30分くらい眠ったと栗林。

栗林「それよか練習を観よーぜ」

練習場ではアシトと黒田がこれはチャンスだと気合を入れている。

福田監督はペナルティ無しでこの2人を参加させるように指示。

練習が始まってすぐに黒田の顔は絶望に染まっていく。

黒田のパスはあっさりカットされる。

Aチームの選手は黒田を見ようともしない。

アシトはレギュラー組のスピード、技術の高さ、発想のすごさに圧倒される。

まったく流れが読めない。

アシトのパスもあっさりカットされる。

そこでAのレギュラー組のひとりが阿久津にいう。

「阿久津ーお前今日調子わるくね?ディフェンス役変われ。集中してないぞ。どう見ても。何かあったのか?」

阿久津は外で見ている栗林を睨む。

そして練習前の福田監督と栗林の会話を聞き、会話の次元が違うと感じたことを思い出す。

息も切らさないレギュラー組に対して明らかに疲弊している黒田とアシト。

アシトは負けるなと気持ちを奮い立たせようとする。

黒田とアシト以外の選手でパスを繋がれていく。

そんな状態で義経が青井へのパスを指示。

指定された志村の位置と阿久津の動きを確認しながら遊馬へのパスを指示しようとするアシト。

しかし阿久津によってパスはカットされる。

何も言わずに輪の中に戻る阿久津。

ここで桐木が黒田とアシトの2人がいると練習にならないので戻してくれと発言。

アシトと黒田は控え組の練習に戻ることに。

大友が最初からうまくいかねーよと慰める。

顔を洗ってきてもいいよとコーチ。

アシトは何も言わずにグランドの外に出る。

黒田「見えてなかった…誰一人として…僕が目に映ってなかった…!!」

その発言に表情が硬くなる富樫と大友。

フリーザとの圧倒的な実力差を見てべジータが感じた絶望感くらいの気持ちでしょうね黒田は。

トイレで顔を洗うアシト。

表情は暗い。

主力組のレベルの高さを思い返して「すげえ…」と言葉にする。

「Aチームすげえ」

いつの間にかアシトの表情は笑顔になっている。

ここで121話は終わりです。

アオアシ 121話の感想

黒田は完全にレギュラー組の練習で心を折られてしまいました。

一方のアシトは最後のトイレでの笑顔を見ると、闘志を燃やすことになったようです。

こういうメンタルの強さがアシトの武器ですよね。

あと阿久津でさえちょっとした気持ちの乱れがあると周りからいろいろ言われる。

本当に厳しいところですAチームは。

練習についてこれないレベルの低い人間に対しての興味の無さ、冷たさは怖い。

これはBチームでも感じたんですが、Aチームはその傾向がより顕著。

これくらいの意識の高さがないとプロになれないんだろうなあ。

厳しい世界だぜ。

最後のアシトの表情からして、122話でもきっとアシトのやる気は失われないでしょう。

心配なのは黒田、富樫、大友ですね。