アオアシ 119話「スタートライン」は、2017年11月27日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ2017年52号に掲載されています。

前回の118話では、栗林がユースに戻ってきました。

福田監督が、栗林が焦りすぎていて怪我を恐れて戻したのです。

トップチームの監督は、栗林を手元においておきたかったようですが…。

>>アオアシ 最新話までの記事一覧

アオアシ 119話のあらすじ(ネタバレあり)

Aチームの練習場に向かうアシトたち。

栗林がユースに戻っているということで、人が多く集まっている。

大友は、Aチームへの練習に初参加ということでナーバスになっています。

すでにAチームで練習している遊馬に橋渡しになってくれるように頼む大友。

富樫は、もうBチームに戻る気はないと言います。

それに同意するアシト。

グラウンドに集まってくる選手たち。

義経や阿久津の姿が。

福田監督もやってきます。

アシトには「やっとスタートラインに立てた」という思いが湧き上がってくる。

試合明けで新入りもいるということで、体に負担がかからない練習を福田監督は指示します。

その練習というのは、オシム式パス回し練習。

オシム式パス回し練習とは、どこにパスをするか、誰の名前を呼ぶかは自由である。

つまり次にパスする相手を指定し、指定される練習である。これをパスを回しながら実行していくのである。

例)選手Aは選手Cに名前を言ってBにパス。BはDの名前を言ってCにパス。

これをトラップなし、ダイレクトパスだけでつないでいくように指示する福田監督。

さらに徐々に難易度も上げていく、と福田監督はいう。

その練習を聞いて大友は、Bでもちょくちょくやっていた練習で自分たちに合わせてくれているのかと考えます。

福田監督の指示が終わると、何も言わずに散っていくAの選手たち。

アシトは、福田監督の周りに集まる選手を見ている。

そこで平が「あっちは主力組だ」と声をかけてきます。

大友は見知った顔を見て安心する。

アシトが、遊馬が主力組に居ることに気づきます。

平によればフォワード不足という事情があるものの、大した奴だとのこと。

主力組を見つめるアシト。

平は「あっちに混ざりたいのか?」と問いかけます。

アシト「ウス。めちゃくちゃなレベルの差を思い知るなら、早いほうがいいんや」

この言葉にイラッとする松永。

黒田は「初日から焦ってるみたいだけど、Aは控え組であっても、最初は絶対に通用しない。すぐにわかる。」

練習が始まります。

富樫と大友は、パスのスピードが早すぎて頭が追いつかない状態。

松永は「いっちょ前のことをいう前に当たり前のことをやってみせろや」とアシトへパスを出す。

アシトが焦っていた理由は、評価されれば即トップデビューでき、母に金を送るという夢がかなうからだった。

その為Bには絶対落ちれない。

パス回しをこなすアシト。

それを見た松永は「自分たちと遜色ない反応だ」と評価します。

アシトを見て遊馬は「アシトの奴、ついていけてるじゃないキャ」とつぶやく。

ここで119話は終わりです。

アオアシ 119話の感想

遊馬には驚かされました。

主力組で練習していることに。

そしてアシトがAチームの練習についていけるのが、うれしいですね。

またしばらくAとの実力差に打ちひしがれる展開が続くのかと思ったら、最初だけかもしれませんがやれているのは良かった。

富樫と大友が心配ですが。

次回の120話では、福田監督の言う難易度を上げていく練習に移っていくのでしょう。

どんな練習になるか120話が楽しみです。