アオアシ117話「RAIN」は、2017年11月6日発売の習慣ビッグコミックスピリッツ2017年49号に掲載されています。

前回の116話で望コーチへの感謝の言葉を伝えたアシト。

その後、外にボールを蹴りに出た所で花と遭遇。

アシトがAチームに上がったことを花に伝えると、突然花がアシトに抱きつく。

>>アオアシ 最新話までの記事一覧

アオアシ 117話のあらすじ(ネタバレあり)

アシトから離れる花。

「なーんて、冗談、冗談」

呆然とするアシト。

花は帰ると言い出します。

アシトは寮に用事が有ったんじゃと花を呼び止めます。

そこで雨脚が更に強くなります。

2人でグランドの屋根のあるベンチで雨宿りをすることに。

アシトはさっきのは何だったんだと動揺がおさまりません。

ここは2人とも初々しいですね。

アシトが花を見ると、花は気恥ずかしいようです。

寮はすぐそこだから走っていけばいいと言い出します。

花は、グラウンドのぬかるみに足を取られてコケてしまいます。

このB専用のグランドは水はけが悪くて、雨の日の練習は大変だった。

Aのグランドはトップチームも使うからそんな事はありえないんだけど。

とアシトが話をしているのに、雨の中花は歩いていきます。

それを止めるアシト。

「お、お前 今日ちょっと変だぞ!?」

花は「変だ 君に会うのはマズいんだ…」

どうやら花は、今日の武蔵野戦でアシトを福田監督に重ねて見てしまったことで動揺しているようです。

だから、福田監督に会いにきたと。

アシト「本当に福田のおっちゃんのことが好きなんやな。前言ってたずっと憧れていた選手って、あれおっちゃんのことやろ?」

花はその問いかけを肯定します。

「お嫁さんになると思ってた」

その言葉に「本当にすげえ選手だったんだなおっちゃん」とアシトは答えます。

その言葉を聞いて急に元気になる花。

嬉しそうにカンプ・ノウで観戦した福田監督の活躍を語りだします。

そして怪我さえなければと。

アシトは花の応援は力になる。

と伝えます。

明日から自分はAだから激励して行けとアシトが言うと。

花はアシトのおでこにキスをして走り去っていきます。

ここで117話は終わりです。

休載があるので118話は51号に掲載されます。

アオアシ117話の感想

甘酸っぱい回でしたね。

アシトも花もお互いに意識するようになって、しばらくはギクシャクしそうです。

と言っても次回からはAでの練習。

色恋沙汰にかまっていられるほど、生易しいものではないでしょう。

そしてアシトの天敵・阿久津の存在もあります。

甘酸っぱいのこの回までで、当分はきつい展開が続きそうです。