2017年8月31日発売の週刊少年チャンピオン2017年40号に
ビースターズ48話「残暑 各々に散らばって」は掲載されています。

扉絵はレゴシとジャックが公園でピクニックをしてます。
この2人の仲の良さは癒やされますね。

今回の話しで見直したのがビル。
結構色々と考えてるんだなと…。

ただ舞台上でレゴシの背中に爪を立てて
大きな傷を作ったのは忘れられない。

あの時は完全に悪者でしたね。

あらすじ(ネタバレあり)

夏休みも終盤。

ベッドで爆睡中のレゴシ。

レゴシの顔についた埃を払おうとするジャック。

寝ぼけたレゴシはジャックの腕に噛みつきます。

ジャックは必死でレゴシを起こすことで
何とか無傷で脱出することに成功します。

チェリートン学園では夏期講習を2週間受ければ
後は帰省するのも寮に残るのも自由。

ということでレゴシは帰省せずにずっと寮で過ごしています。
ジャックは帰省したもの早めに戻ってきます。

ルームメイトがみんな帰省してレゴシが1人にならないように
ジャックは早めに寮に戻ってきました。

ジャックは良い奴ですね。

ジャックは帰省しないレゴシに

「あのじいさんが寂しがるぞ」

と言うとレゴシは

「というより怒ってるかもね…」

と返します。

レゴシの家庭環境は何か複雑そうですね。

演劇部は顧問が問題があると思った生徒を
スカウトしてくるという話ですからレゴシが
スカウトされたのはそのあたりの理由なのでしょうか?

ジャックは実は悩んでいることが有りました。

レゴシ以外の701メンバーで無断外泊について
聞かないということを裏会議で決めていました。

しかし12年レゴシと付き合ってきたジャックには
それを聞かないでおくのは耐えられません。

最近レゴシが見せるこなれ感と落ち着きが
気になって仕方ないのですジャックは。

レゴシと2人で歩きながら内心聞こうか聞くまいか
悩んでいるジャック。

すると前方からハルが歩いてきます。

軽く言葉をかわすレゴシ。
ただ尻尾をブンブン振ってうれしいのが丸わかりです。

それでジャックは無断外泊の相手がハルだということに
気づき我慢できずにレゴシに聞くことにします。

ハルは手に持っていた学園新聞を開きます。

一面にはルイが行方不明であることが書かれています。
その記事を見て表情を曇らせるハル。

場面は変わりビル、エルス、アオバが登場します。

今は夏休み期間で演劇部の部室が閉まっていることを
忘れて部室に来てしまったのです。

そこでビルとエルスが仲良さそうに話し出します。
アオバはビルを厳しい目で見ています。

エルスがその場を去りビルとアオバの2人に。
ちょっと穏やかではない雰囲気です。

ただその雰囲気を打ち破るかのようにビルが
「アオバ…金貸してくんね?のどかわいた」

ビルとアオバの2匹は自販機の前のベンチに
腰をかけて飲み物を飲んでいます。

アオバが切り出します

「…フクザツな気分になったぜ」

ビルと草食動物が仲良くしているのを見て
アオバは色々と思うことが有ったようです。

裏市の事が有りますからね。

ビルによればエルスはエルスで良いやつだから
友達として好きなだけだと言います。

裏市のことは間違っているとは思ってないというビル。
ビルはビルで色々思うことが有るんですね。

アオバが突然ビルの鞄から学内新聞を取り出し

「ずいぶんルイ先輩のことを心配してるみたいだな」

と普段買わない学園新聞を購入したビルに質問します。

ヒマだから買っただけだと言うビル。

アオバの「心配だよな…かなり」という言葉を聞いて
ビルも今の思いを語りだします。

「勝手にいなくなりやがってよ

あの鹿野郎に踏みつけられてたから

俺は好きに動けたのに」

ビルってこんな風にルイ先輩のことを思ってたんですね。

そしてルイ先輩がいなければ自分はただの悪者だという
言葉は自覚があったんだなとちょっと意外でした。

アオバはビルのルイ先輩への思いを知って
少しわだかまりが消えたようでした。

また場面は変わり下校するレゴシとジャック。

「レゴシ この夏はどうだったのよ…総括して」

とジャックが聞くとレゴシは

「この夏かー…スイカ食い損ねてたなー

買いに行かない?今から」

とジャックを誘います。

この時のレゴシの表情が晴れ晴れとしていて
とても爽やかな印象を受けました。

ジャックの返答も良いんですよね。

「行くけど あんまり急がないでくれよ」

感想

ビルの印象が変わった回でしたね。

こういう事を考えていたのかと意外でした。

自分が自由にできるのはルイ先輩という存在が
有るからというのを言ってて。

ビルのやったことは許せないことが多いですけど。

裏市で知ったルイ先輩の出生の秘密でルイ先輩を
脅そうとしたりとか。

簡単に返り討ちにあいましたけど。

こういう事を考えてたのかと少しだけビルが好きになりました。
アオバもこんな気持だったのかな。