ビッグガンガンで連載しているゴブリンスレイヤーの多分15話?

ガンガンオンラインに掲載されているゴブリンスレイヤーの次の話なので
恐らく15話で合ってると思います。

話数とかタイトルとか書いてないんですよね。
ビッグガンガンの連載では。

2017年8月25日発売のビッグガンガン2017年Vol.9に掲載されている
ゴブリンスレイヤーのコミック版についての話です。

あらすじ(ネタバレあり)

14話でゴブリンスレイヤーのギリギリの一撃がゴブリンロードに
届きこれで終わりかと思いました。

しかしゴブリンロードにとってはこの程度の傷は
今まで何度もあったこと。

ゴブリンスレイヤーは立ち上がれない状態にも関わらず
ゴブリンロードは立ち上がります。

そして笑いながらゴブリンロードはゴブリンスレイヤーを
罵詈雑言をかけながら踏みつけます。

しかしゴブリンスレイヤーは全くその事に対して反応をしません。

ゴブリンスレイヤーが怯えて命乞いをすることを期待していた
ゴブリンロードは面白くないと思ったのか斧でとどめを刺そうとします。

その瞬間ゴブリンロードの体を光が包みます。

透明な壁が邪魔して斧を振り下ろすことができません。

女神官の聖壁(プロテクション)です。

ゴブリンロードは女神官に気づき標的をゴブリンスレイヤーから
女神官に変更します。

しかしその瞬間、女神官はもう一度聖壁を唱えます。

その結果ゴブリンロードは聖壁に挟まれる状態になり
身動きが取れず潰されて血を吐くような状態に。

その状態でもゴブリンロードの闘志は衰えず
動けない状態で女神官を恫喝します。

しかし女神官はその恫喝に全く動じることはありません。

恫喝に効果がないと分かったゴブリンロードは
すぐさま戦法を変更することにします。

命乞いです。

ゴブリンロードは今まで命乞いをすることで
窮地を何度も脱していたのです。

しかし女神官がゴブリンロードの言葉に心を動かされる前に
ゴブリンスレイヤーが立ち上がります。

「ロード?

馬鹿馬鹿しい

お前はゴブリンだ

ただの薄汚い

ゴブリンに過ぎない…

そして俺は…

小鬼を殺すもの(ゴブリンスレイヤー)だ…」

と言いながらゴブリンスレイヤーは折れた剣を
ゴブリンロードの首に突き刺します。

ゴブリンスレイヤーの指示では聖壁を3枚使うことになっていましたが
その指示に逆らって2枚しか聖壁を使用しなかった女神官。

そのため聖癒(ヒール)を使用することができゴブリンスレイヤーを
回復することができました。

 

酒場に移動して祝勝会です。

各々が好きなように飲んでいます。

ゴブリンスレイヤーが牛飼娘に自分は
冒険者になりたいと伝えたり

女神官が報酬としてゴブリンスレイヤーに
兜を抜いてもらうことを要求したりします。

素顔のゴブリンスレイヤーを見ようと
酒場中の人間が集まってきます。

割りと好評なようでゴブリンスレイヤーの素顔は
結構良い男なようです。

そしてこの話の最後に登場するのが剣の乙女。

次回から新しいシリーズがスタートします。

ビッグガンガンの2017年vol.10ではゴブリンスレイヤーは
表紙&巻頭カラーだそうです。

しかもSS付きのクリアファイルが付録でついてくるとか。

電子書籍だとこの付録どうなるんでしょうか?

感想

これで原作小説の1巻の話が終わりですね。

しかしゴブリンロードは汚い本当に汚い。

恫喝しても駄目な相手だと思ったらすぐに命乞いに変更。

それで生き抜いてついにはゴブリンロードにまで成り上がった
ということなんでしょう。

ゴブリンスレイヤーがゴブリンの巣でゴブリンの子どもを見つけても
決して逃がさないというのが理解できます。

ゴブリンは生き残れば生き残るほど危険な存在になるんですね。

それを理解しているのがゴブリンスレイヤーくらいしかいないというのが
後々なにかとんでもない危険な状態になる気がします。

とりあえず今回はゴブリンロードを退けることができて良かったです。