MAJOR 2nd第104話「先制攻撃!」は2017年7月26日発売の
週刊少年サンデー2017年35号に掲載されています。

メジャーセカンドの10巻は8月18日に発売決定だそうです。

前回千夏が出塁した所で話しが終了しましたが
今回は続く太鳳と沢さんの打席が話しの中心でした。

丹波さんが言ってましたが千里と太鳳の1,2番は
かなり強力なコンビになりそうでした。

あと沢さんってこんな強打者だったんですね。

結構打つと思っていましたがここまで飛ばすとは。
打った後に「あらやだ、いっちゃった」というセリフと落ち着きは
中学二年生とはとても思えません。

感想(少しネタバレあります)

千里に打たれたことを監督に咎められる横内。

スローボールはさすがに舐めすぎだと反省し
太鳳には速球を投げ込みます。

1球目を空振りする太鳳。

それを見て調子に乗る横内。

しかし盛り上がる風鈴中のベンチ。

横内が振り返ると2塁上に千里。

「ウフ。盗んじゃった♡」と盗塁を決めて笑顔の千里。

無警戒すぎるとつぶやく五木中監督。

ランナーなんかどうでも良いと俺の球が女に打てるわけないと
速球を太鳳に投げ込む横内。

しかし横内の速球をファーストへ飛ばす太鳳。

五木中学のファーストは横っ飛びで打球を止め
ファーストに入った横内にボールを投げます。

しかし一步太鳳が早かったようでセーフ。

横内が「えーっセーフゥ?」と審判に聞いていると

その間にホームへ滑り込む千里。
風鈴中が先制点をもぎ取ります。

五木中学の監督に即されて
一旦タイムをとる五木中バッテリー。

横内は動揺しながらも女子だから機動力を使ってくるしか
ないだろとキャッチャーに強がります。

そして迎えるバッターは3番沢さん。

初球、2球とボール。

そして迎える3球目。

強振した沢さんの打球は左翼スタンドに飛び込みます。

打たれて白目をむく横内。

盛り上がる風鈴中ベンチ。

ベンチの隅で勝ってしまうと明日も休日出勤じゃーんと
心配する風鈴中の顧問の先生。

という所で104話「先制攻撃!」は終わりです。

感想とか

相手のエース横内は全然良いところが無いですね。

千里と太鳳に打たれて女子だから機動力を使うしか無いんだろと
言った後に沢さんにホームラン。

こんなの心折れます。

ここから立て直して良いところを見せるのか
五木中学の監督が横内を諦めて別の投手へと
交代させるのか…

どうなるのでしょうか?

それにしても千里がカワイイですね。

今週は扉絵も千里でしたし。

出塁した後の塁上でのガッツポーズもかわいい。

盗塁した後の笑顔もかわいい。

そんな千里が目立つ回だなと感じました。

この調子なら風鈴中は初戦をあっさり突破しそうですが
そう簡単にはいかないのでしょうね。

次回の話しが楽しみです。