カミツキガメがターゲットになった2回めのグリル厄介は
2017年5月28日の鉄腕ダッシュで放送されました。

今回のグリル厄介の舞台は千葉県印旛沼。
そしてターゲットはカミツキガメ。

水の流れが緩やかな場所に多くいるのがカミツキガメ。

静岡大学の加藤英明先生が今回も登場していました。
この先生は声が良いですね。聞き取りやすい。
きっと授業とか分かりやすいはず。

印旛沼にカミツキガメが生息。
攻撃的で指を噛み切る力。
生態系を破壊される恐れがある。

印旛沼に推定1万6000匹。

今回は国分太一と山口太一の2人でした。
珍しい組み合わせですね。

5月から9月が繁殖期。
この時期は卵を守るため陸地を1キロ移動。

カミツキガメはバックできない。
動いた方向の逆の尻尾を掴んで捕獲。

という捕獲方法らしいですが
素手で捕獲するのは怖すぎます。

噛まれても佐倉病院に連絡済みと
加藤先生は笑ってしまいましたが…

その後防刃手袋がでてきて安心しました。

達也がカミツキガメを捕獲。
その間太一はずっと応援。
「がんばれ、がんばれ達也くん、達也くんがんばれ」
太一はこういうポジションですよね。

その後加藤先生は素手で何匹も捕獲。
肛門の位置でカミツキガメのオスメスは
判別できるんですね。

胴体から遠い位置の尾に肛門があるのはオス。
胴体から近い位置の尾に肛門があるのはメス。
だそうです。

知事の許可を得て罠も使って15匹のカミツキガメを
捕獲することが出来ました。

今回はカミツキガメを調理してくれるのは銀座のイタリアン。
フィオレンツァ橋本直樹。
得意な食材は肉、魚。

カミツキガメは両方?

海亀料理は昔のトスカーナで食べれたことが。
今は絶滅危惧種なので食べれない。

カミツキガメの肉は鶏肉のような肉質。
強靭な筋がある。

こういう筋のある料理は煮込むと柔らかくなる。
イタリアでキジやうさぎ、イノシシなどの
野生動物で使われる技法。

シェフがつくた料理は次の3つ。

カミツキガメのソプレッサータ (サラミ)

カミツキガメのジュレ
(カミツキガメの出汁はコラーゲンたっぷり)

フィレイヤ(南イタリアのパスタ)
(生ハムにしたカミツキガメを具材として使用。)

最後にゴチになりますになったのは笑いました。

最後のパスタの値段をピタリと当てた国分太一。
味よりも値段が分かるという表現は的確ですね。

来週は0円食堂に澤穂希が出演するそうです。